« 2009年5月 | トップページ | 2010年5月 »

2009年6月

Closing

ばたばたしているうちにロンドンでの生活も残り2日となりました。明日引越業者が引越荷物を搬出し、明後日部屋の明渡し後南仏に飛んで3週間のラストバケーションに入ります。

最後のバケーションは途中から両親と合流する関係で親のホテル等々のアレンジ作業も発生し、正直下手な案件を仕事でやるよりもはるかに大変です・・

最後のエントリを書いて以降、帰国までは以下のような感じになっております。

6月3日 仕事納め

6月4日 ブライトンへ日帰り旅行

6月5日 引越準備&旅行準備

6月6日-9日 スウェーデン旅行。20年ぶりのスウェーデン訪問で色々と思うこともあったのですが、ブログに書く暇はなし

6月10日 終日引越準備+旅行準備

6月11日(今日) 靴の聖地NorthsamptonにてJohn Lobb と Church's の靴を買った後、深夜まで引越+旅行のアレンジ

6月12日 引越業者荷物搬出

13日 部屋引渡し後、夜のフライトでマルセイユへ。空港近くのホテル泊。

14日 Arles泊。前回の訪問から10年以上経っているので楽しみ。

15日-17日 Lourmarinというプロヴァンスの小さな村に宿を構え、周辺の村々(Gordes, Rousillonなど)を観光予定。

18日 フランスのグランドキャニオンと言われるGrand Canyon Du Verdonの近くのMoustiers-Ste-Marie泊

19日 ニース泊

20日 ローマまで電車で移動後、18日にローマ入りしている予定の両親と合流

20日-22日 ローマ観光

23日-25日 ローマからフィレンツェに移動しフィレンツェ観光

26日-28日 フィレンツェからベネチアに移動しベネチア観光

29日-7月6日 ベネチア発の地中海クルーズに親と参加。サントリーニ等々を回る。

7月6日 親をローマ行きの電車に乗せた後ロンドン行きのフライトでロンドンに戻り友人宅泊

7月7日 ロンドン発帰国便搭乗

7月8日 成田着

7月9日 勤務再開

プロヴァンスの宿に関する情報が非常に少ないので宿の確保にはだいぶ苦戦しました。最終的には各村の観光局のサイト経由で探すのがよいとの結論に至ったのですが、行ったことのない小さな村のうちどこをベースとすればいいのかは正直よく分かりません。

まぁ引越荷物が出てしまえば後は旅行に出るだけなので、レストラン等に関するリサーチは明らかに不足している感が否めないもののいざ行ってしまえば何がしか見つかるでしょう。

本当は2年間の海外生活を総括したかったのですが、さすがに時間がないのでこれは帰国後かな。おそらくこれが帰国前最後のエントリになると思います。

では皆様日本でお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドン生活もあと僅か

Yk

先々週末は月曜がバンクホリデーだったのでアイスランドに行ってきました。んが、旅行記を書いている暇がちょっとありません。

先週火曜は朝3時起床→朝の便でロンドンに帰国し、そのまま出勤→最近知り合った人とランチ。水曜夜はこれまた東京時代からの知り合いの方の接待ディナー。木曜夜は私が幹事を勤めるロンドン法曹の集いで飲み会。今日金曜にやっと家でゆっくりする時間ができましたが、旅行のリサーチが山のようにたまっています。今週も送別飲みが立て続けに入っていて、酒漬けの毎日です。

仕事は今週水曜で終了ですが、今週土曜からは4日間私が幼少時代を過ごしたスウェーデンへ、そして12日に引越荷物を送り出した後13日からは一週間南仏ドライブ→ローマで私の両親と合流して一週間かけてローマ・フィレンツェ・ベネチア観光→6月下旬から両親と8日間の地中海クルーズ→クルーズが終了した日にロンドンに戻ってきて翌日の便で帰国 という流れになりそうです。

ということで、スウェーデンでの4日間(スウェーデンはまだまだ観光客が少ないのかウェブ上の情報もストックホルム以外は少ないので苦戦中。Lonely Planetにご登場いただくことになりました)+南仏・イタリア2週間分の旅行の計画をゼロから立てないといけない(南仏の村々はこれまた情報が少ない)ので、なかなか大変です。とりあえずマルセイユ行きのフライトと最初2日分の宿、加えてローマとフィレンツェの宿は押さえたのですが、まだまだ空白がいっぱいあります。最近は旅行のリサーチで午前2時位まで作業する日々が続いてます・・

日本に帰ったらこんなに時間をかけて旅行のリサーチをすることも出来ないと思うので、最後の嬉しい悲鳴と思って気合で乗り切りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2010年5月 »