« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

Royal Mail

イギリスの郵便Royal Mailは評判が悪いそうなのですが、先日仕事をしていたら以下のようなメールが来ました。

=================

Please see below LAST posting dates, also note that anything sent after these dates will not arrive in time.

Inland Standard Tariff Letters:
First Class Letters : Saturday December 20th 2008.
Royal Mail Special Delivery : Next day delivery guarantee operates for items posted up to and including Tuesday December 23rd 2008.
Parcels for delivery within the UK : Monday December 15th 2008.

International:
Airmail: Australia, New Zealand, South / Central America, Caribbean, Africa, Middle East, Far East and Asia: Friday December 5th 2008.
Airmail: USA, Canada, Japan, and Eastern Europe: Wednesday December 10th 2008.
Airmail: Western Europe: Friday December 12th 2008.

=================

こちらはクリスマスは公共交通機関も止まるそう(したがってタクシーが通常料金の3倍くらいボるとか)なのですが、郵便システムもこれでは麻痺状態ですね。国際郵便を12月5日までに出さないと年内は予定通りに配達されない可能性があるということだと思うのですが、これじゃほとんど職務放棄ですわ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジイチ

以前から買おうかなと思っていたデジイチを先週末に買いました。

(画像をアップしようと思ったのですが、ネットの調子が悪くアップできないので断念)

NikonのD40。デジイチ入門機のようです。アマゾンで230ポンドだったので、ポンド200円換算だと4万6千円で日本とほぼ同じ値段なのですが、ポンド140円で計算すると31,200円とえらく安い買い物に感じてしまい購入(こちらで購入すると取扱説明書が英語+充電器がUK仕様なのが面倒ですが)。ポンド建てで生活しているのでキャッシュアウトの額は一緒なのですが、最近は全て140円で計算してしまい「なんだ結構安いじゃん」と思ってしまうことがしばしば。危ないですね。

早速デジイチが届いたので今週末のバルセロナ旅行に持っていこうかと思ったのですが、2000年夏に訪れたバルセロナでは首絞め強盗が横行しており、私もシエスタの時間帯に危うく強盗にあいかけたので、最近の治安はどないなものかしらと気になって調べてみました。

色々見ていると、どうやら以前に比べると格段に治安はよくなったらしいですね。せいぜいスリや置き引きくらい。2000年のスペインは私が旅行した中では治安が最悪だった地域で、首絞め強盗に抵抗した旅行者(血の気の多い韓国人の若者)がマドリッドで刺殺されたとの噂もありました。

スリや置き引きなら気をつけてさえいれば対応可能。

今でも覚えていますが、2000年にバルセロナに来たときは、ローマ滞在中に「週末にはバルセロナで闘牛をやる」と聞きつけ、ローマからミラノを経由して16時間の夜行列車に乗ってバルセロナ入りしたのですが、宿を探そうと思って公衆電話で電話中、噂のケチャップスリが

「君のバックパックにマヨネーズがついているよ」

とさりげなく話しかけてきました。

こちらはそんな手口はお見通しなので、飛んで火にいる夏の虫と思い、

「そんなことよりさ、ここの宿に電話しようと思ってコイン入れてるんだけど電話がかからないんだよ。どうやって電話かけられるか教えてくれ」

とまくし立てると、意外な切り返しにちょっとびっくりしたのか、

「お、おぉ、助けてやるよ」

的なノリで私からコインを受け取り公衆電話で電話をかけ出すスリ。

結局彼も電話をかけることはできず、「役に立てずごめんよ」とコインを持ってトンズラすることもなく律儀に私にコインを返却し、すごすごと退散していきました。意外な対応をされてしまうとつい人のよさが出てしまう、微笑ましいケチャップスリでした。

もっとも、なんだ治安よさそうじゃんと思って見ていたら、このサイトを見る限りでは最近は観光客が運転するレンタカーを狙ったスリが流行っているそうで。手口は目抜き通りを走っている車が信号で停車中にタイヤに穴を開けた上でバイクで追跡し、車がパンクして路肩に停車したタイミングで「助けてやるよ」とさも偶然を装ってバイクから降り、隙を見て貴重品を奪って逃走という流れのようです。

観光客が運転している車かどうかは、停車中に地図を広げているかどうかなどから判断するとのこと。

Googlemapで見た感じではバルセロナは一方通行が多そうなので地図ナシで車を走らせるのはちょっと厳しい気がするのですが、タイヤをパンクさせられてしまってはさすがに凹むので、気を引き締めて行ってきたいと思います。

カメラも新しいデジイチではなく古いコンパクトカメラを持っていこうかな。念のため。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

NY Bar 2008 合格者名簿

NYにいる友人に教えてもらいましたが、2008年度のNY Bar合格者名簿はこちらです。ブラウザのサーチ機能で知人の名前を検索することも可能。

http://www.nylawyer.com/display.php/file=/exam/ExamResults1108/1108index

昨年度の合格率等の数字はこちらですが、今年度の全体の合格率は2007年度より4.1%上がって74.7%だそうです。Foreign-educatedの受験生のうち今回が初受験だったグループの合格率は2007年度より9.2%上がって54.8%ということなので、Non-nativeを中心とするグループが今年は大健闘だったということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湖水地方

先々週末に湖水地方にドライブに行ってきました。

斜度が30度を超える山越えのドライブルートも(Wryonose Pass ~ Hardknott Pass)あり、かなりエキサイティングでした。

Ldn10_207

私が一番気に入ったのはWast Water。いわゆる普通の観光客が行く場所からは離れており、訪れる人はとても少ないですが、大自然を身近に感じることができてとてもよかったです。

Ldn10_267

イメージとしてはボリビアのラグーナ・ヴェルデに似た感じですね。

Ldn10_277

ちなみにラグーナ・ヴェルデの写真はこちら。標高5,000mくらいのところにあり、道は当然未舗装。自然の厳しさではこちらの方が断然上ですが。

Bolivia2008_310

紅葉のタイミングもちょうどよく、天気にも恵まれたのでいい旅行でした。ロンドンから280マイルあるものの、イギリスの高速は90マイルくらいで走れるのでそれほど苦痛ではなかったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

よかったよかった

無事NY Barに合格できたようです。

-------------------------------------

The New York State Board of Law Examiners congratulates you on passing the New York State bar examination held on July 29-30, 2008. An official certification notice has been mailed and will contain your Multistate Bar Examination (MBE) scaled score. The notification which has been mailed is a required part of your application for admission to the Bar. In order to allow a reasonable time for the exam results to arrive by mail, requests for duplicate notices will not be accepted until after November 28, 2008. Although there is normally a $10 charge for a duplicate, due to the possibility of loss or damage in a bulk mailing, there will be a grace period with no charge for those requests received prior to December 10, 2008.

-------------------------------------

結果確認はこちら(http://www.nybarexam.org/)のサイトから可能。17日からは全員の合格者の名前をこのページで確認できるそうです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

NY Bar発表

そろそろ発表が近いなぁと思っていたのですが、ロンドンで久々に会った同業の友人によれば来週中には発表があるそうで。試験委員会の公式発表ではなく、Barbriが試験委員会に問い合わせた結果だそうです。

受かっても落ちても自分の仕事に直接の影響はないものの、やはり合格発表の直前は多少は緊張しますね。来週末にロンドンの同業者の集まりがあるのですが、「悲喜こもごもになるかもしれないね」と友人と話していました。みんなよい結果が出てるといいのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The Last Lecture

昔からずっと見ようと思っていたこの動画をやっと見ることが出来ました。

The Last Lecture

ガンのため余命僅かと宣告されたCarnegie MellonのRandy Pausch教授による講義です。

1時間強と長めの動画ですが、自分は人のために何が出来るだろうかと改めて考えさせられる講義でした。英語のトレーニングも含めて一度通しで見る価値はあると思います。オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »