« 気分転換 | トップページ | 大詰め »

Miranda Warning

論文の重要科目の講義が始まったので今週は予備校に真面目に通っているのですが、昨朝地下鉄に乗ろうと駅に向かって歩いていたら、Broadway沿いに手錠をかけられた男が座っており、警官数人に取り囲まれていました。

法廷や警察署で手錠をかけられた被疑者・被告人を見かけることはありますが、冷静に考えると娑婆で手錠をかけられた人(しかも両脇に警官がついたりすることもなく道の脇に座らされている)を見ることはそんなにないのでちょっとビックリです。

Barの勉強をしていると、「この人はMiranda Warningを受けたのだろうか?彼のものと思われる車が近くに止まっているけど捜索はどこまで許されるんだっけ?」などと考えてしまいますね。

勉強していて気付くこと・考えることといえば、他に

映画で逮捕された人が"I need a lawyer!"と叫んでいることの意味とか

アメリカで事故を起こしたら絶対に謝ってはいけないことの意味とか

でしょうか。そんなことでも考えながらやらないと煮詰まりますね。

論文の模試が今週金曜、MBE(択一)の模試が来週日曜にあり、来月29・30日には本番です。

普段からそれ程更新頻度は高くはありませんが、本番が一ヶ月後なのでしばらく更新はないと思います。ご了承下さい。

|

« 気分転換 | トップページ | 大詰め »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441270/21875542

この記事へのトラックバック一覧です: Miranda Warning:

« 気分転換 | トップページ | 大詰め »