« Back in La Paz | トップページ | Yahoo!遂に追い詰められたか »

ボリビア旅行記(前編)

Bolivia2008_201 というわけで、ボリビアはウユニまで行き、先週帰国しました。

3月中旬はちょうど雨季と乾季の境目で水量が少ないと聞いていたので、湖一面が鏡状態の雨季の素晴らしい景色は見られないかな・・・と思っていたのですが、運よく湖の一部に水が残っていました。

ウユニは最高です。

今までに見たこたことのない風景でした。

もっともラパスに着いてもウユニまで行くのが一苦労なんですよね。未舗装道路を走る夜行バスで揺られること12時間(私が使ったのはOMAR社のバス。片道80ボリなので10ドル強)。全席指定にもかからわず、運転手が小遣い稼ぎで乗せる地元民が通路に毛布敷いて寝ていたりします。

バスが早朝にウユニの街に到着後、その日に出発するツアーを探します。ウユニにはツアー会社が60以上も乱立し、ツアー会社によっては車がオンボロだったり飯がまずかったりするらしいのなかなか難しいのですが、ラパスの宿で仕入れた情報を元にBrisa Toursという会社で申し込み。3泊4日のツアー(塩のホテルで1泊+通常の2泊3日のツアー)で95ドルでした。

ツアーは午前11時頃に出発。電車の墓場なる場所を訪れてから待望のウユニ塩湖に向かいます。

Bolivia2008_454  入り口付近にうっすら水は張っていたものの、鏡状態ではなかったので、ここら辺ではちょっと諦めモード。

初日はお昼過ぎに初日の宿である塩でできたホテルPlaya Blancaで降ろされておしまい。ここで翌日の昼まで24時間過ごします。

Bolivia2008_116 ご覧のとおりホテルの周りは塩以外何もないのですが、塩の結晶を掘り起こしたり夕日・朝日を見たりしているとあっという間に時間は過ぎていきます。

2日目の午後からは、別のツアー会社の2泊3日のツアーに合流(車に定員満載で動くのが一番効率が良いため、ツアー会社間で客を融通する)。初日から一緒だった日本人の方とカナダ人の女の子2人、アルゼンチン在住の韓国人2人とツアーに繰り出します。

最初の目的地は魚の島(Isla de pesca)。何でもサボテンの樹齢は1000年超とか。どのサボテンも高さが4,5メートルはあります。

Bolivia2008_178

魚の島から更に先に車を進めると、ありました水が。

Bolivia2008_190 ここの辺りで車を止めてもらい、冒頭の写真を撮りました。

ここからしばらく走ると車はウユニ塩湖から上陸し、ひたすら荒野を走ります。2日目の宿は小さな集落の宿でした。

3日目には車が後輪から煙を上げてストップし、大変なトラブルだなぁと思ったものの、後ろから来たほかのツアー会社の車の援護も受けて1時間半で復活(といってもブレーキ関連の部品一式を取り外すという荒療治でしたが)。

Bolivia2008_220

その後はひたすら広大な大地を走り抜けます。

Bolivia2008_276

Bolivia2008_346

途中でフラミンゴのいる湖を見たりし、温泉にも入ったりしました。

Bolivia2008_307

Bolivia2008_333

最終日の午後5時くらいに無事ウユニの町に到着し、その日の夜8時の夜行バスでラパスに戻りました。

|

« Back in La Paz | トップページ | Yahoo!遂に追い詰められたか »

旅行」カテゴリの記事

コメント

うわーすごい良さそう。奇麗ですね、塩とともに心も奇麗に洗いながされるのでは?

投稿: sunairi | 2008年4月12日 (土) 00時07分

>sunairiさん
自分の心が綺麗になったかどうかは自分ではよく分かりませんが(笑)、一度訪れる価値のある場所であることは間違いないですね。黒焦げに日焼けしますが・・・

投稿: yutakataka | 2008年4月15日 (火) 00時16分

今一番行きたい場所!

うらやますい!

投稿: ユスケ | 2008年6月12日 (木) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441270/11948366

この記事へのトラックバック一覧です: ボリビア旅行記(前編):

« Back in La Paz | トップページ | Yahoo!遂に追い詰められたか »