« 帰国 | トップページ | 東証による第三者割当規制 »

抱負

2008年も既に半月ほど過ぎてしまいましたが、今年やろうと思ったことを書いておかないと忘れてしまいそうなので備忘程度に。

今年は英語の本を読もうと思います。途中でNY Barの受験が挟まるので月一冊読むのは難しいかもしれないけど、(ロースクールの指定教材を除いて)とりあえず2ヶ月で一冊、年間で6冊が目標。

なぜそう思ったかというと、ものを見る視点が日本語の本と英語の本では随分と異なり、新たな視点が得られるからです。

Nyt_book

現在は大学のBook Storeで安売りされていたこの本(法律の本ではなくビジネスに関する本なので、恐らくビジネススクールの指定書籍と思われる)を読んでいるのですが、日本では得られないアメリカにおける実際のケースに関する記述が多く(グーグル入社前のEric Schmidtが登場したりします)、新たな視点を得ることができそうな気がしています。

中国は上海で飲食店を構える友人が、以前
「商売とは特定の物・サービスが存在しない場所でその物やサービスを提供することである」
と話していたのですが、これは本質を突いていると個人的には思います。

そうすると、商売を繁盛させるには、自らがホームグラウンドとする場所に存在しない物やサービスをどれだけ見つけられるかが勝負になると思うわけです。

私自身はホームグラウンドは日本なので、日本に存在しない物やサービス、コンセプトをどれだけ知っているかが自らの価値を高めることになるかなと。それには旅をして色々な場所を見て回ることも大切ですが、やはり活字を読むことが重要ですよね。

この本を読むだけでも、「あぁやっぱりこういうビジネス(弁護士業界に関連するビジネスで、日本でも遅かれ早かれ登場すると個人的に考えているもの)はアメリカには存在するんだ」とか、色々と考えさせられることがあるので、今まで単眼だった視点を複眼にできる可能性があると思います。

さて、今年一年でどこまで視点を増やせるでしょうか。

|

« 帰国 | トップページ | 東証による第三者割当規制 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

いい抱負だねー。

ちなみに俺の抱負は「結婚」、、、いやその前に「カノジョを作る」ですw

投稿: tetsurou | 2008年1月16日 (水) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441270/9662385

この記事へのトラックバック一覧です: 抱負:

« 帰国 | トップページ | 東証による第三者割当規制 »