« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

試験終了

ということで、無事試験を終えました。久々に自習室に篭る生活をしましたが、あまりいいものではないですね。

ということで、書きかけのネタや書こうと思っているネタを全て放り出して、明日からKeystoneにDukeに留学中の(札幌修習時代に死ぬほど一緒にスキーした)友人夫妻と一緒にスキーに行ってきます。

北欧に住んでいた関係でスキー歴は20年を越え、もはや日本国内のスキー場では飽き足らず、ヨーロッパのメジャーなスキーリゾート(Chamonix、Zermatt、Dolomite)を各一週間ずつほど訪れ、現地ガイドと仲良くなってオフピステ(コース外)をガンガン攻め、勢い余って1本50万円の救助ヘリなぞも呼んだことのある私ですが、北米でのスキーは初めてなので楽しみです。

カナダも攻めたいなと思っていたら、これまた別の修習時代の同期が「北米でスキーをしたい」と言い始めたので、Whistler Blackcombあたりも攻めたいと思っております。

ということで、書こう書こうと思っている法律ネタ(そもそもブログを始めたのは日本を離れている間も日本の出来事についていくために法律ネタを書こう!という動機が元でした。現在のところその面影は全くありませんが・・)を書くことのないまま冬はSki Blogになってしまうかもしれません。

とりあえず白銀の世界に行ってきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Being homeless

期末試験期間もいよいよ盛り上がって参りまして、来週月曜のCorporationと水曜のSecurities Regulationの最終的な詰めに向けて自習室に篭りきりな生活です。街のクリスマス気分を感じる間もないままクリスマスを迎えそうな勢い・・・

そんな中、ふと見た↓が非常に印象的だったので紹介しておきます。

Being homeless
http://jp.reuters.com/news/pictures/slideshow?collectionId=1347

世界中のホームレスの写真が計71点展示されています。

こういう写真を見ると、写真の力って凄いと思うんですよね。結婚式の撮影を依頼したフォトグラファーの友人とかと話をしたりもするんですが、形のあるものをファインダーに収めていながら、形のないものを伝える力のある媒体、それが写真なんだと思います。

個人的には24枚目の写真がかなり印象的です。女性の自らの現状を憂えているような静的な目の表情が、食料を求めて殺到する周りの男達の動的なイメージによって一層強調されているような印象を受けます。

世界中の貧困を解消するために自分には何ができるだろう?と考えさせられたのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

MUD COFFEE

Downtown近辺にしばしば出没しているこのMud Coffee。値段の割になかなか美味しくてオススメです。オレンジ色のバンが目印。

Ny10_287

以前見かけた時は7Ave&West4thに出ていましたが、今日はAstor Place近くにVanが止まっていました(ウェブサイトを確認したところバンはこの二箇所に出没するそうです)。6,7人くらいの行列が出来ていたので、地元のNew Yorker達にも人気が高そうな感じです。

見かけたら試してみてはいかがでしょうか。

MUD COFFEE
http://www.themudtruck.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクロン

とは言ってもカトリーナではありません。

最近YoutubeでサイクロンZという芸人にはまっております。

仕事や試験勉強の息抜きにどうぞ。

試験期間なので勢い文字数が少ないエントリになりますがご容赦下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MPRE合格発表

MPREで検索をかけてこのブログにいらっしゃる方がいるようですので簡単に。

本日MPREの結果報告の通知がメールで来ていました。

MPREの結果通知を確認するにはMPREのサイト(https://secureweb01.act.org/mpre/)にログインしなければならないみたいですね。私はUsernameを失念していたので登録通知のメールを掘り起こすのに一苦労しました。

結果は123点(Scaled Score)だったので、NY Barの受験資格は満たしているようです(各州によって合格点は異なるのでご注意下さい。でもたしかNYの合格点(85点)は各州の合格点の中では高い方だったはず)。しかし受験日が実際には11月3日だったにも関わらず結果通知には7日と記載がありました(!)。仮にも各州のBarの受験弁護士の(ミスリーディングだったので修正)資格を規律する試験がこんなテキトウなアドミでよいのでしょうか。アメリカらしいといえばアメリカらしいですが。

受け終わったときに手ごたえというものが全くない試験だったので「あんな試験は常識問題に過ぎない」と言っていた諸先輩方がちょっと恨めしかったのですが、とりあえず一安心です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Time is Money

試験を間近に控えて徐々に忙しくなり、自分で文章を書く余裕がなくなってきたので、今日は知人のMixi日記で見た文章を紹介。

**************************

次のような銀行があると、考えてみましょう。
その銀行は、毎朝あなたの口座へ86,400円を振り込んでくれます。
ただし、その口座の残高は毎日ゼロになります。

つまり、86,400円の中で あなたが その日に使い切らなかった金額はすべて消されてしまいます。

あなただったらどうしますか。 もちろん、毎日86,400円全額を引き出しますよね。

僕たちは一人一人が同じような銀行を持っています。

それは時間です。

毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。
毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。
それは、翌日に繰り越されません。
それは貸し越しできません。

毎日、あなたの為に新しい口座が開かれます。
そして毎晩、その日の残りは消されてしまいます。
もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、あなたはそれを失ったことになります。
過去にさかのぼることはできません。

あなたは今日与えられた預金のなかから今を生きないといけません。

だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。

そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。
時計の針は走り続けています。今日という日に最大限の物を作り出しましょう。

1年の価値を理解するには、 落第した学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヶ月の価値を理解するには、 未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしう。

1週間の価値を理解するには、 週刊新聞の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1日の価値を理解するには、 翌日、試験を控える受験生に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、 待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、 電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、 たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。

10分の1秒の価値を理解するためには、 オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。

だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。
そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、 十分に大切にしましょう。
その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。

そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。
昨日はもう過ぎ去ってしまいました。
今日は与えられるものです。
だから、英語では今をプレゼント(=present)と言います。
明日はまだわからないのです。

あなたの持っているその日限りの86,400円を大切にしましょう。

**************************

"Present"という言葉の由来が本当にこのとおりなのかは分かりませんが、なるほどそうだなぁと思わせる文章でした。

私も渡米してから既に4ヶ月を過ごし、NYで生活は残すところ8ヶ月程度になってしまったので、一日一日を充実させていきたいと改めて思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅

昨晩9時頃に電力が復旧したとのメールが回り(アメリカにしては予想以上に復旧が早かった)、でもせっかくなんで泊まらせてもらおうということで友人宅で一夜を明かした後帰宅しました。

しかし地下の電線は完全に焼け落ちてしまって復旧の目処が立っていないらしく、現在は仮の発電機で寮全体に電力を供給しているようです。

天災で避難生活を強いられる人や、住まいを強制退去させられる人々の気持ちがちょっと分かったいい体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ie-naki-ko

Due to a fire in a manhole just outside the dormitory I live in, the electricity supply to the dormitory building has been damaged for undefined period of time (wow!).

Therefore, all residents of the dormitory were instructed to evacuate.

What a Friday afternoon...

Well, now I know that you can expect everything to happen in this country.

I will be visiting my friend's place until I am allowed to be back in my room.

Have a nice weekend everyone.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »