« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

イチローと松井とウィリアムズとナダル

Ny8_047_3

NYで20年以上ステーキレストランNo.1の栄誉を維持し続ける老舗Peter Lugar(http://www.peterluger.com/)のプライムリブステーキ。ディナーだと数ヶ月先まで予約で一杯だそうですが、ランチだと予約なしで、しかも格安で最高のステーキを堪能できます。

さて。

私は現在大学のLaw Schoolの寮に入居しています。寮なので(住むのに不便はないものの)施設は古く、その割に家賃はべらぼうに高い(私は日本の山手線内で同じくらいの広さの部屋に住んでいたのですが、円換算で家賃は約6割増)のですが、エントランスで頻繁にNYの催し物のチケットを割引で販売しています。

現在はテニスのUSオープンが開催中であり、かつ来週にはヤンキーズ対マリナーズ戦がヤンキースタジアムで開催されることから、いずれも寮のロビーで並んでチケットをゲットしました。

いずれも待ち時間自体は3時間程度。3時間座って授業の予習をしていれば待ち時間は苦にならず、テニスのチケットは一枚20ドル、野球のチケットは一枚5ドルでゲットしました。テニスはセンターコートでヴィーナス・ウィリアムズと男子第二シードのナダルを見れるようなので、かなりテンション上がっています。Ny8_061_2

授業の方は当たり外れがあることが最近判明してきましたが、来週末までは履修登録をいじることが可能なので、可能な範囲で面白い授業を取ろうと画策中です。Corporate Financeの教授は前回のエントリーで触れたCorporationの教授と全く同じことを授業の冒頭で述べていました。アメリカでは弁護士が多いので、差別化を図り良質のクライアントを繋ぎとめるにはビジネスのことも分かっていなければならないと。日本もこれから弁護士の数が増えるに従って、否が応でもアメリカと同じ方向に弁護士の意識も変化させていかざるを得ないのだろうなぁと思ったのでありました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ブラジルとアルゼンチン

明日から本格的に授業が開始する。昨日はLLMコース全体のレセプションがあり、今日は私の所属するCorporationコースの学部長の挨拶とレセプションがあった。

Corporationの学部長さんはかの有名なワクテルリプトン(アメリカでポイズンピルを開発した事務所)に席を置いている陽気なおっさんWilliam Allen。挨拶の中でLawyerとしてFicnance,AccountingをはじめとしたBusinessに関係する知識を習得することの重要性を説いており、かつてからそのような考えを持っていた私は「やっぱそうだよな~」と自分の認識が間違っていなかったことを再確認する。

日本の弁護士はまだまだ「自分は法律の専門家だから法律のことだけ知っていればよい」という傾向が強いように思う。しかし、少なくともCorporate Lawyerとして第一線で仕事をするには、クライアントがどのようなLogicで動いているかを理解することが非常に重要であり、クライアントのLogicのベースにあるCorporate Finance等々の理解を(専門家レベルまでいかないまでも、クライアントが議論していることが理解できるベースまで)深めておくことは個人的には非常に重要だと思う。

「クライアントのニーズに応える」というのがこの業界の使い古された金科玉条だが、クライアントのニーズを把握するためには、クライアントがどのような思考回路に基づきBusiness上の判断をしており、どのような動機によって突き動かされているかを理解することが不可欠であり、そのようなプロセスを経ずに「ニーズに応えます」と唱えていても全く意味がない。

かつて私が修習生の時に国内大手の事務所を就職活動で訪問したときに、かねてからビジネス・経営に興味があった私はそのようにうたって事務所巡りをしていたのだが、某大手事務所の若手弁護士にそのような話をしたところ、その人に「でも弁護士って経営を知ってる必要ないよね」と言葉を返されたという非常に印象的な経験をしたことがある。

「経営とはなんぞや」という定義にも関わることだと思うが、弁護士だってパートナーになれば数十人から数百人単位の従業員を抱える組織の舵取りの一翼を担う存在になる。それが経営でないなら何を経営というのだろうか?そして「経営を知っている必要がない」とうたう弁護士がパートナーになって事務所を回していく立場に立った場合、果たして彼は上に立つ者としてきちんと組織を回していけるのだろうか?「どのようにすれば組織を構成するメンバーに最小限のストレスでスムーズに活動してもらうことができ、各人のパフォーマンスを最大限に発揮してもらえるだろうか?」という経営に対する基本的な考え方がないと、しっかりとした組織を構築した上でしっかりと回していくのはなかなか大変だと思う(しかし前述の例にも見られるように、そのような意識を潜在・顕在問わず業界内で持っている方は非常に少数派だと思う)。

Allenおじさんの話を聞きながらそのようなことを思ったのだが、その後のレセプションでは世界各国(ロシア、アルゼンチン、コロンビア、シンガポール、ブラジル、フランス等)の学生(といっても殆どの学生は自国で弁護士として数年間活動している)と話をした。その中でブラジルとアルゼンチンの学生と話をしたネタが非常に印象的だった。

なんでもブラジルとアルゼンチンはお隣様であることもあってか非常にライバル意識が強く、ブラジル人曰く「ブラジルは世界で一番のプレーヤーであったペレを擁していたので、世界で二番目のプレーヤーであったマラドーナを擁していたアルゼンチンよりも上なのだ」と誇らしげに語っていた。

しかし、そのブラジル人の彼は続けて、

「なぜかブラジルの女の子はみんなアルゼンチンの男を好きになるが、アルゼンチンの女の子はなぜかブラジルの男には見向きもしない・・」と嘆いていた。

頑張れ、ブラジル男児よ。男の能はサッカーだけではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生生活開始

というわけで、授業の予習をしたりPCのクラッシュに凹んでたりしているうちに更新が滞りました。

8月6日からフロリダに行ってきました(が、PCが死んだために写真は全部お蔵入り・・・)。クライスラーのコンバーチブルを借りてご機嫌に走り、フロリダから1泊2日でバハマも行ってきました。

何でフロリダにしたかというところでひとネタあるのですが、本当はカリブ海の島々に行きたかったんですよね。でもキューバはアメリカと国交がないからメキシコ経由になってちょっと面倒で、あとアメリカからアクセスがよいところといったらジャマイカかなぁと思いながらネットで調べていたら、外務省のサイトでこんな警告を発見したのです。

ジャマイカ:総選挙を控えた治安の悪化(2007/07/12)

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/spot_top5.asp?id=249&num=1

なんでも、緑の党とオレンジの党に分かれて8月27日の選挙に向けた激しい選挙戦が繰り広げられ、過去の総選挙では500人以上の死者を出したこともあるとか・・・どんだけアグレッシブな選挙戦やねん。ということで、こんな地政学的なリスクは取れないねということで渡航先をフロリダにし、たまたまフロリダからバハマにフェリーが出ていることを発見したのでバハマに足を延ばすことにしたのでした。

バハマではWestinに泊まったのですが、「これが新婚旅行みたいな旅行なんだよね~」とチェックインの際に話していたら受付のお姉さんがオーシャンビューの部屋にアップグレードしてくれたのにはちょっと感動(アップグレードを希望する隣の客には「アップグレードには50ドルかかりますね~」という対応を別の担当者がしていたので、私の担当者はサインする書類の端にそっと「Free Upgrade!」と書いて対応してくれました)。こういうサービスをさりげなくしてくれると結構感動しますね。さっそくWestinのメンバーになりました。

ちなみにこのホテル、左側はWestin、右側はSheratonと違うホテルが一つの敷地に軒を並べています。何でだろうなぁと思っていたら、WestinとSheratonは同じStarwoodグループに属してるんですね。Westinは落ち着いた感じ、Sheratonは家族向けのカジュアルな感じでした。ちなみに中国は海南島のSanya Sheratonはかなりおすすめです。今まで泊まったホテルの中で三本の指には入るかな。アメリカとは全然関係ないですが。

あと今回の旅のハイライトといえばKey Westですね。フロリダ半島の先端から島々を繋ぐ橋が延々100マイルくらい続いていて、コンバーチブルで青い海に吸い込まれそうな道を飛ばすのは相当爽快でした(写真が飛んだのが本当に残念です。。)。Key Westはヘミングウェイがこよなく愛した地らしいですが、南国の雰囲気を醸し出しつつも落ち着いていて、今度は泊まりで行きたいなと思ったのでありました。

旅行から帰ってきてからはそろそろ現実の学生生活に目を向けねばということで、Introduction to US Law(外国人LLM生のためのアメリカ法入門講座のようなもの)の指定図書をいそいそと読む毎日。生活サイクルとしては

7時起床(しばしば寝坊)。授業の予習

10時から昼休み挟んで4時まで授業

図書館で翌日の予習。自宅で夕飯食べて更に予習

という面白みの何も無い生活を授業開始前の期間も含めて2週間ほど続けました。授業内容は憲法・契約法・不法行為法・刑法・民事/刑事訴訟法をざっと概観するもの。「ふーん」と思いながら判例を読んだりする感じでした。

先週末からアメリカ人も続々と入寮してきており、今日はLaw Schoolの学長みたいな人の挨拶。水曜から本格的な授業が始まります。ヤンキーズやテニスのUS Openの試合観戦と授業の予習が果たして両立するでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思いつきで

明日からマイアミに一週間旅行することにしました。大学の授業が始まるとバタバタしてあまり遠出はできないような気がしたので。

きっかけはNYにもあるブックオフ。ブックオフを見つけて喜び勇んで足を踏み入れたら,旅行コーナーにフロリダの本とカリブ諸島の本が置いてあったので思わず買ってしまい,昔からのTUBEファンであるためTUBEの歌でよく歌われてるマイアミとかKey Westはどんなところなのかしらん?と思って速攻で決断。

帰宅後にネットで調べまくってPriceline.com(たしか逆オークションでビジネスモデル特許を取るか取れないかで話題になった会社。しかしBM特許の議論なんて今どうなってるんでしょうねぇ?私が学生の頃に日本でも盛んに議論されていた記憶がありますが)で飛行機+ホテル+レンタカーのパッケージをゲット。フライトは朝早く出発し,夜遅く帰ってくるアグレッシブな便であるものの,国際的に名が通ったホテルで7泊+8日間のレンタカー付で一人700USDくらいなので,かなり安いという印象。

また色々と調べているうちにバハマにはフロリダから1泊2日のクルージングで行ける(朝出て,夕方着いて,向こうのホテルで一泊して,翌日夕方出航,夜帰港)ことを発見したので,これもネットで速攻予約。

唯一の心配はハリケーンですね。まぁ自称晴れ男なんで多分大丈夫でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NY満喫

7月28日にNY入りしてから4日目。これまでの生活をざっと振り返ると以下のような感じです。

7月29日:

生活用品の買い出しの為無料バスに乗ってNew Jerzey州にあるIKEAへ。スウェーデン在住経験があることもあって(スウェーデン国民でないにもかかわらず私にはスウェーデンの国民背番号も割り当てられているらしい。納税をしていた父親はこの背番号を基に年金が支給されるとのこと。税金はがっぽり取るがその対価としてのサービスも充実しているあたりはさすが。)スウェーデンの会社であるIKEAには親近感を抱いています。

そんで無料バスに揺られること30分、目的地に到着。

いやぁ~大興奮ですね。5年前くらいにシカゴのIKEAに行って以来なので、見るモノ全てに興味を惹かれる3歳児状態。

しばし買い物をした後、店舗内のレストランで昼食。

2007_291_2

ここでもスウェーデン料理があって大興奮。

2007_290

スウェーデンではかなりメジャーなエビをのせたサンドイッチ。

スウェーデンゆかりの食品もあったので早速買い込みました。これからの朝食はしばらくスウェーデン仕様です。

生活必需品を一通り買い揃えて帰宅。一日仕事でした。

7月30日:

スタテン島行きの無料フェリーに乗ると水上から自由の女神を眺められるそうなので、フェリー乗り場があるManhattan最南端のBattery Parkにバスで向かい、そこから乗船。

船上から見える自由の女神はこんな感じ。

2007_299

スタテン島には ヤンキーズの二軍の本拠地の球場があるらしいが、それ以外に見るべきものは大してないらしく、とんぼ返りでManhattanに帰還。

ランチ後しばらくぶらぶらし、WTCの跡地まで足を延ばすも、嫁が長旅の影響から体調を崩したため帰宅。

7月31日:

幸い嫁が一晩でリカバリーしたため、昼から食料品の買い出しでWhole Foods Marketへ。ヘルシーな食品を選んで取り扱っているらしく、アメリカで人気らしい。まぁあれだけ体の大きな人が街に溢れていたら、そりゃみんな健康に気を遣うよね。

食料品買い出し後、夕方に帰宅したが、嫁だけでなく自分もかなり疲れていたらしく、撃沈。

8月1日:

久々の12時間超えの睡眠を取って今日は朝から活動。大学の正式なIDを発行してもらった。どうやらこれでトレーニングセンターとか行けるらしい。

今日は街をひたすら徒歩で北上。5th Avenue 沿いにはショップも多く、嫁とショッピングを楽しむ。

NYはどこを切り取っても絵になる感じ。

Sany0004Sany0003_2

夕方からはMadison Square Garden で開催されている無料ライブを鑑賞。優雅な時間を過ごしました。

Sany0021

こんな感じでNYを満喫しております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »